ホーム > 地域から探す【近畿】 > 大阪府 > 大阪府交野市 医療法人桜恵会 さくらクリニック
医療機関を探す

患者さんを「型」にはめず、理解し受け入れるケアを
<大阪府交野市 医療法人桜恵会 さくらクリニック>

院長 北東徳治先生 院長 北東徳治先生

さくらクリニックは、心療内科・精神科・リハビリテーション科を掲げる精神疾患専門のクリニック。認知症に関しては、重度認知症患者さんを対象としたデイケアを行い、地域の介護施設への往診や訪問看護も行っています。

 

地域のニーズに応え、往診による早期発見を

さくらクリニックは、精神科・心療内科・リハビリテーション科のクリニックですが、開院当時は認知症患者さんの来院数は今ほど多くありませんでした。認知症患者さんの数が増えた理由としては、重度認知症のデイケアのほか、往診を行うようになったことも考えられると院長の北東徳治先生は言います。

「精神科で往診に行く医師は、あまりいないと思うのです。そのため、依頼が増え、患者さんが増えたのではないでしょうか」(北東先生)。

そんな北東先生が、認知症患者さんの治療にあたる上で心がけていることは、「初期の段階を見逃さないこと」。軽症の場合は、注意深く診察を行わないと見逃してしまうこともあり、来院したときには中等度以上に進行してしまっているケースも多いと言います。進行している分BPSD(周辺症状)も重いことが多いため、北東先生はもっと早くに発見、対応することの重要性を実感しています。

また、多くの患者さんはストレスを抱えた状態でクリニックを受診するため、「それを受け止めて、極力減らせるように、患者さんに安心していただけるような対応をすることも大切」と考えています。

認知症の診療やデイケアには、医師だけでなく看護師や作業療法士、介護福祉士など多くのスタッフの力が必要ですが、北東先生は「基本的には自由にやってもらっています」と言います。その上で、必要に応じて、スタッフ間で相談したり、指導を行ったりしています。

 

思い込みで壁を作らず、ひとりの「人」として向き合う

精神保健福祉士 東岡久美子さん 精神保健福祉士 東岡久美子さん

そんな北東先生が信頼しているスタッフのひとり、東岡久美子さんは精神保健福祉士、介護福祉士としてクリニックの精神科デイケアと重度認知症デイケアを統括しています。デイケアに関しての具体的な仕事の内容は、どんな患者さんが来ているかという全体的な把握と、問題を抱えている患者さんがいたり、変化が見られたりした場合に各方面に指示を出すこと。また、ご家族やグループホームのスタッフ、医師との間の連絡や橋渡し役も務めています。

東岡さんが、日々多くの認知症患者さんとふれあうなかで心がけていることは、「患者さん」というより「人」として見るということ。

「私は必要なときには精神保健福祉士にも介護福祉士にもなりますが、普段は、認知症という病気を抱えている方にも、患者さんではなく、ひとりのおじいちゃん、おばあちゃんという感覚で携わるようにしています」(東岡さん)。

大学や専門学校の講師として学生に指導する機会も多いという東岡さんは、学生たちにも常に「患者さんとは人として向き合ってほしい」と話しています。

「女のくせにとか、おじいちゃんなのにとか、そういう先入観は持たないで、と。例えば、『老人=和食が好き』と思いがちですけど、ファストフードのハンバーガーが大好きなおばあちゃんだっていますよね。自分の思い込みを相手に押しつけるのではなく、『その人の本当の姿をちゃんと見る視点を持ちなさい』といつも言います。あとは、いくらプロでも人間だから間違えることはある。そういうときは『ごめんなさい』と謝り、うれしいときは『ありがとう』と言う。それができれば、それ以上余計なプロ意識を持ち、壁を作って接する必要はないと思っています」と東岡さんは語ります。

 

精神保健福祉士は精神医療の分野に不可欠 「向き・不向き」より「好き」が大事

この仕事を始めて20年経つという東岡さんですが、当初は今のような「精神保健福祉士」という資格はなく、精神科のソーシャルワーカーという役割を担っていたものの、その職業についても世の中での認知度は低かったと言います。

家族が医療・福祉系の仕事をしていたため、「チャレンジしてみようか」と考えたこと、社会の高齢化を考えると、この分野は絶対に必要不可欠な仕事だと考えたこと、そして何より「好き」と思ったことが、この仕事を選び、続けてきた理由だと言います。

「学生にもいつも言っていますが、仕事に向き、不向きはないと思います。好き、嫌いしかないのかな、と。好きだから伸びていけるし、続けていけると思うので」(東岡さん)。

とにかく、人間が好きという東岡さん。その理由は、自分の物事のとらえかたにあると感じています。例えば、とても腹の立つ人がいても、「この人はこんなことをして相手に腹立たせてんねんな、すごいな」とか、「私、こんなん絶対に言われへん」と考えると言います。反対に、いいことがあれば「そうか、こうしたらええんか、ちょっといただいとこか」。そのように、なるべく「新しいことを自分のなかで吸収できた」と思うようにすれば、人に腹を立てるより好きになれると東岡さんは話します。

「やっぱり、人を好きじゃないとこの仕事はできません。どんな患者さんも、同じ人間。好きだと思えばその人を見ようと思うし、何でもしたいと思うから、そこが原点かなと思います」(東岡さん)。

 

したことに対して「伝わった」と思える瞬間がいちばんの喜び

この仕事をしていて、最もうれしいときは、「見返りがあったとき」と東岡さんは言います。

「それは金銭的なことではなくて(笑)、やったことに対して『何か伝わったな』と感じられたとき。例えば、ずっと何もしゃべってくれなかった人が上を向いて笑ってくれただけでも、私にとっては大きな見返りなんですよ」(東岡さん)。

そして、病気も含めて患者さんのすべてを、ありのままに受け入れたいと思っています。認知症患者さんとはコミュニケーションがうまく図れないことも多く、「おはよう」と声をかけても、返事が戻ってこないことも珍しくありません。東岡さんはそんな患者さんの様子を「患者さんそれぞれの空間で過ごされているような状況」と言います。同時に、人生のプロセスで行き着くところにたどりついた人という感覚があり、一緒にいることでとても癒されるのだそうです。

「私の声なんて聞こえなくても、同じ空間にいると楽しい。『この人はこれでええんやな』と思えるんです」(東岡さん)。

また、医師との関係にやりがいを実感することもあると言います。

「医療の場では、最終判断は先生。でも、患者さんにより近いところにいるのは私たちだと思うので、日々患者さんと接する立場から意見を言って、『そうやな』と受け入れてもらえると、認めてもらえていると感じられてうれしいですね」(東岡さん)。

 

チームとして協力しあい自分たちができる限りのことを

医師である北東先生が、この仕事をするなかでいちばんうれしいことは、「患者さんの症状が改善し、ご家族が喜んでくれること」だそうですが、なかなかうまくいかないことも多いのが実情です。認知症では、どのような治療をしても快方に向かわないこともあるので、そういうときに、ご家族にどう納得し、受け入れてもらえるかが課題だと考えています。

また、北東先生は、「患者さんやご家族のニーズにどれだけ応えていけるか」も今後の課題のひとつと考えています。

「これまでの経験や失敗を次のステップに活かし、患者さんの良き理解者になりたい。あまり型にはめて考えず、患者さんやご家族の『こうしたい』という希望に、できる限り対応していけることが理想です」(北東先生)。

一方、東岡さんは、認知症の前段階や、その後の患者さん本人やご家族のケアなどにも視野を広げて考えていく必要があると指摘します。そのためには医師や看護師、作業療法士など各スタッフやご家族がチームとなって連携し、情報を共有していくことが不可欠であり、次世代の育成も忘れてはならないとのこと。

「院長の北東先生とは前の職場も同じで、考えもよく理解しているつもり。小さなクリニックでも、うちなりのアレンジをして、自分たちができる限りのことをしていきたいと思っています」(東岡さん)。

このように語る東岡さんは、これからも北東先生をサポートし、クリニックの認知症医療を支えていく気持ちを強く持っています。

 

 

取材日:2011年7月29日
さくらクリニック外観

医療法人桜恵会 さくらクリニック


〒576-0054  
大阪府交野市幾野1-29-8
TEL:072-891-5513

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症医療・介護に関わる知識を掲載認知症情報誌
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ