ホーム > 笑顔写真館
笑顔写真館 笑顔の一覧を見る
2こくぶ脳外科・内科クリニック・政田哲也さんの笑顔

香川県高松市
こくぶ脳外科・内科クリニック

政田哲也さん

医師 50代

今後、さらに認知症の方が増えると、現在、医師が担っていることを、看護師や薬剤師、介護従事者に任せる必要が出てくるかも知れません。制度や規制はいろいろありますが、新しい連携を皆で考えていきたいですね。

掲載記事へ

鶴川サナトリウム病院・小松弘幸さんの笑顔

東京都町田市
鶴川サナトリウム病院

小松弘幸さん

医師 30代

当院は40年以上前から認知症医療に注力しており、充実したチーム医療を実践できていると自負しています。認知症疾患医療センターとして地域社会への啓発に力を入れ、早期診断はもちろん予防にも積極的に取り組みたいですね。

掲載記事へ

鶴川サナトリウム病院・小原良之さんの笑顔

東京都町田市
鶴川サナトリウム病院

小原良之さん

看護師 30代

患者さんとじっくり向き合いたくて急性期病院から当院に移りました。認知症看護認定看護師資格を取得し、今は後輩の指導にも取り組んでいます。多職種に加えご家族も巻き込んだ情報共有が円滑に進むように気を配ることを心がけています。

掲載記事へ

鶴川サナトリウム病院・長者森美里さんの笑顔

東京都町田市
鶴川サナトリウム病院

長者森美里さん

精神保健福祉士 30代

病院は治療をする場所ですが、もっと気軽に相談ができる環境、雰囲気をつくるのも私たちの役目だと考えています。患者さんとご家族に寄り添い、地域社会とも密接に連携して、誰もが住みやすい街をつくりたいですね。

掲載記事へ

鶴川サナトリウム病院・植田裕吾さんの笑顔

東京都町田市
鶴川サナトリウム病院

植田裕吾さん

臨床心理士 30代

神経心理検査で点数をつけるだけではなく、患者さん一人ひとりの症状の要因、対処法なども報告することを心がけています。地域との連携が次の課題です。家族会や地域の勉強会などでも積極的に情報発信していきたいです。

掲載記事へ

鶴川サナトリウム病院・池田瑞さんの笑顔

東京都町田市
鶴川サナトリウム病院

池田瑞さん

作業療法士 30代

退院後、住み慣れた自宅で暮らすことを目標に機能回復訓練に取り組んでいますが、ご本人が希望しても必ず自宅に帰れるわけではないのが現状です。今後はご家族や地域への働きかけ、環境整備のアドバイスなどにも取り組んでいきたいです。

掲載記事へ

佐藤クリニック・佐藤宏さんの笑顔

熊本県水俣市
佐藤クリニック

佐藤宏さん

医師 50代

2025年にかけて、認知症の人が爆発的に増えていくであろうと予測されています。認知症に関わる医療・介護従事者はますます忙しくなると思いますが、お互い連携しながら前向きにがんばっていきましょう。

掲載記事へ

佐藤クリニック・渕上のぞみさんの笑顔

熊本県水俣市
佐藤クリニック

渕上のぞみさん

精神保健福祉士 20代

熊本県内初の診療所型認知症疾患医療センターでの仕事に、大きなやりがいを感じています。他のスタッフと協力して、地域の認知症の人やご家族が少しでも前向きになれるよう、支えていきたいと思います。

掲載記事へ

こころのクリニック山形・古沢信之さんの笑顔

山形県山形市
こころのクリニック山形

古沢信之さん 

精神科専門医 60代

ご家族の中には、責任感が強すぎるあまり介護に悩んだ挙げ句、うつになる方もいます。決して1人で抱え込まず、周りの人に相談し援助を得ながら、ご自身が元気な状態で介護に向き合ってください。

掲載記事へ

あかねヶ丘ケアセンター・志田信也さんの笑顔

山形県山形市
あかねヶ丘ケアセンター

志田信也さん 

社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員 50代

かかりつけ医が患者さんにデイサービスの利用を勧めることが増えるなど、ここ数年の間に医療と介護の距離が縮まってきていると感じています。これからも相互に協力して、ご本人とご家族のプラスになるよう努めてまいります。

掲載記事へ

デイケア楽聖倶楽部・古澤潤さんの笑顔

山形県山形市
デイケア楽聖倶楽部 楽聖ケアプランセンター

古澤潤さん 

介護福祉士・介護支援専門員 30代

これからは介護と医療の連携をもっと強めないといけません。地域での研修会などを通じて、私の顔と名前を医療関係者に覚えていただき、ともに力を合わせて認知症の方とご家族を支えていきたいと思っています。

掲載記事へ

あかねヶ丘ケアセンター・小川隆太さんの笑顔

山形県山形市
あかねヶ丘ケアセンター

小川隆太さん 

介護福祉士・介護支援専門員 30代

適切な介護、支援を行うには、治療薬や認知症特有の行動について、もっと勉強し理解しなければならないと思っています。これからは学習にも力を入れ、学んだことはスタッフ全員で共有していきたいです。

掲載記事へ

認知症医療デイケア「らくせい」・髙橋雄貴さんの笑顔

山形県山形市
認知症医療デイケア「らくせい」

髙橋雄貴さん 

作業療法士 20代

利用者さんに共感し、思いを認めることが、支援の基本だと考えています。同じ姿勢で仕事に向き合っているスタッフが多い職場なので、自分自身ももっと勉強していきたいと思っています。

掲載記事へ

シニアメンタルクリニック・井関栄三さんの笑顔

東京都中央区
シニアメンタルクリニック日本橋人形町

井関栄三さん

医師 60代

老年精神医学と認知症の専門医として、病気や患者さんとご家族の生活に向き合い、QOL とADLの維持を目指します。帰るときには笑顔で「来てよかった」と思っていただけるクリニックでありたいですね。

掲載記事へ

大分大学医学部附属病院・宮﨑英士さんの笑顔

大分県由布市
大分大学医学部附属病院

宮﨑英士さん

医師 50代

医師、薬剤師、全ての医療者が診療科や勤務先の種類によらず、認知症について正しく理解することが必要です。新しく発足した認知症先端医療推進センターの教育部門長として、しっかりと取り組んでいきたいですね。

掲載記事へ

大分大学医学部附属病院・吉岩あおいさんの笑顔

大分県由布市
大分大学医学部附属病院

吉岩あおいさん

医師 50代

ホームドクターになりたくて進んだ総合診療科。認知症、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症などの疾患をまるごと診られる医療を目指しています。院内外の多くの専門家の協力があって初めて実現する医療なので、連携を大切にしています。

掲載記事へ

大分大学医学部附属病院・伊東弘樹さんの笑顔

大分県由布市
大分大学医学部附属病院

伊東弘樹さん

薬剤師 40代

病院の薬剤部と調剤薬局の薬剤師の連携・交流の仕組みをつくり始めました。複数の医師から処方を受ける患者さんやアドヒアランスが低下している患者さんをサポートできる薬薬連携の良い形を提示したいですね。

掲載記事へ

大分大学医学部附属病院・佐藤雄己さんの笑顔

大分県由布市
大分大学医学部附属病院

佐藤雄己さん

薬剤師 30代

病院勤務の薬剤師が認知症の人と接する機会は多くありませんが、物忘れ外来と連携した服薬指導を始め、患者さんやご家族に接することで、病棟の患者さんへの対処も変わってきたと思います。

掲載記事へ

松園第二病院・今野衆さんの笑顔

岩手県盛岡市
松園第二病院

紺野衆さん

医師 50代

認知症の方を自分一人で支えようとして孤立するのは、一番良くないことです。大勢の人が関わり、支えていくことが大切です。地域住民が声を掛け合い、医師も診療科の垣根を越えて連携していきましょう。

掲載記事へ

松園第二病院・中津山智恵さんの笑顔

岩手県盛岡市
松園第二病院

中津山智恵さん

看護師 40代

外来でしか会わない方であっても、ちょっとした変化に気付いてあげることが必要なサポートにつながると思います。お一人おひとりの背景を知り、ご家族の思いに寄り添って、より良い関わりをしていきたいです。

掲載記事へ

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症医療・介護に関わる知識を掲載認知症情報誌
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ