ホーム > e-movie「バアちゃんの世界」

e-movie「バアちゃんの世界」

バアちゃんの世界
第1話を再生する 第2話を再生する 第1話(字幕版)を再生する 第2話(字幕版)を再生する
第1話をダウンロード 第2話をダウンロード 第1話(字幕版)をダウンロード 第2話(字幕版)をダウンロード ダイジェスト版を視聴 ダイジェスト版をダウンロード 「バアちゃんの世界」をご覧になった方のコメントをご紹介! バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
【時  間】 <第1話> 6分40秒 <第2話> 6分20秒+エンドロール 1分20秒
【監  修】 武地一先生(京都大学医学部附属病院 老年内科 診療科長)
【出  演】 裕木奈江さん/大鶴義丹さん/綾戸智恵さん
【あらすじ】 姑の節子と嫁の香織(裕木奈江さん)の関係がぎくしゃくするようになり、香織と夫の淳一(大鶴義丹さん)が節子を連れて病院を受診に訪れると、節子が認知症と診断される。医師の助言や淳一の励ましを受け、香織は節子との関係がうまくいくようにあれこれ努力するが、なかなか思うようにいかない。ある日、節子が行方不明になる。香織は淳一、息子の健太、そして節子と旧知の間柄でケアマネジャーの亜紀子(綾戸智恵さん)とともに淳一の車で節子を探しに行く…。
監修医のコメント
武地一先生

武地一先生 <京都大学医学部附属病院 老年内科 診療科長>

1986年京都大学医学部卒業。医学博士。
1993年大阪バイオサイエンス研究所神経科学部門研究員、1996年ドイツ・ザール大学生理学研究所博士研究員、1999年京都大学医学部附属病院老年内科助手(助教)を経て2010年より現職。老年内科ではもの忘れ外来および加齢総合外来を担当。

出演者のコメント
裕木奈江さん

裕木奈江さん <女優>

1970年神奈川県生まれ。
80年代末に映画女優としてデビュー。1990年代にはアイドル的な人気を博し、歌手活動、CM、ラジオのパーソナリティなど多方面で活躍。主な出演作品に、テレビドラマ『北の国から '92年旅立ち』(1992年/フジテレビ)、『ポケベルが鳴らなくて』(1993年/日本テレビ)、映画『学校』(1993年)、『光の雨』(2001年)、『硫黄島からの手紙』(2006年)、『インランド・エンパイア』(2006年)、『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』(2009年)、『セイジ 陸の魚』(2012年)など。

大鶴義丹さん

大鶴義丹さん <俳優・映画監督>

1968年東京都生まれ。
1984年デビュー。テレビドラマ『君の瞳に恋してる』(1988年/フジテレビ)で人気を博し、以降『あの日の僕を探して』(1992年/TBS)など多数のテレビドラマに出演。映画では『首都高速トライアル』(1988年)、『湾岸ミッドナイト』(1992年)などカー・アクション映画に多く出演。『となりのボブ・マーリィ』(1995年)で映画監督デビュー。2012年春、5作目の映画監督作品『キリン』公開。

綾戸智恵さん

綾戸智恵さん <ジャズシンガー>

1957年大阪府生まれ。
3歳でクラシック・ピアノを始め、10代からナイトクラブでピアノを演奏。17歳で単身渡米。1991年に帰国後は、数々の職業を経験しながら、大阪のジャズ・クラブで活動。1998年、40歳にしてアルバム『For All We Know』でプロデビュー。2001年、第51回芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)受賞。2003年、「NHK紅白歌合戦」に出場。ジャズ、ポップス、j-popなど幅広いレパートリーを巧みにとり入れた個性的なステージは、ジャズという狭い枠組みを飛び越えて多くのファンを魅了している。

出演者のコメント
<WEBサイトの管理者が内容を確認の上、コメントを抜粋して掲載しています。>


  • 家族が認知症を理解し、触れ合うことの大切さがわかった。(女性、50代)
  • 「全力で力を抜く」という趣旨の言葉に感動しました。(女性、30代以下)
  • お嫁さんが泥棒呼ばわりされた時の対応が、とても参考になります。(女性、40代)
  • なんでも、耳を傾けて触れ合って接していきたいと思いました。(女性、40代)
  • 家族が温かく見守ることの大切さを感じました。(男性、50代)
  • 様々なケースがあると思うが、認知症のほんの入り口として良かったと思います。
    (女性、50代)
  • もっと病状について教えてもらいたい。進行するとどうなるか。(女性、40代)
  • 家族だけでなく社会全体で支えてあげることが必要と思いました。(女性、50代)
  • どう接したら良いか不安だったので、自分の気持ちが楽になった。(女性、60代)
  • いつ自分が‥家族が‥同じような状況になるかもと、とても考えさせられました。(女性、60代)
  • 友人が配偶者のことを認知症かと心配しているので、この映像を見るように勧めたい。
    (女性、70代以上)
  • 役場で今日のパンフレットを見て参考になった。出来ることから始めたいと思った。
    (女性、50代)
  • 直接触れるということについては、知らなかったことなのでさっそく実行してみようと
    思いました。(女性、60代)
  • 現在老老介護中 先々のことを教えてくださる先輩がおられるので助かっています。
    (女性、70代以上)
  • 病院に勤める看護師です。アルツハイマー病の患者様のご家族に見せて差し上げたいです。
    (女性、50代)
  • 実際に触れてあげることが参考になりました。(女性、60代)
  • 介護支援専門員です。認知症高齢者が在宅で生活を支えるため勉強になりました。
    (女性、40代)
  • 内容事の場面の切り替わりが早すぎて もう少し深く知りたい。(女性、50代)
  • 認知症になっても適切なサポートがあれば楽しく暮らせることが分かり嬉しく思いました。
    (女性、50代)
  • 短い時間でしたが、認知症の家族への接し方など、参考になることがずいぶんありました。
    (女性、50代)
  • 他人や一緒に住んでいない兄弟などから誤解されたりしての気苦労部分を
    もっと広げて欲しい。(男性、50代)
  • 認知症に対して真剣に取り組んでくれる医師が少ない、だから薬のこともどんな薬が
    あるか教えてくれない。(女性)
  • 自分の気持ちとか、心がまずおだやかでないと、受け入れられないかな・・とも思いました。
    (女性、60代)
  • 予防についての場面がもつとあればいいと思った。(男性、70代以上)
  • 世の知らない方に知ってもらい考えてほしいです。明日は我が身かもしれないと・・・・。
    (男性、60代)
  • 「ばあちゃんの目線にたって」の言葉は胸に響きました。(女性、40代)
  • 認知症が進行していく様子、家族の心構え等がわかりやすくなっていたと思います。
    (女性、30代以下)
  • 肩の力を抜く必要があることをこのドラマを見て強く感じました。(女性、30代以下)
  • ちょっとできすぎ現実はもっと大変!(男性、50代)
  • もっと具体的に、困る事、大変な事、そんな時の対処の仕方を観たいです。
    人事ではない、現実を。(女性、60代)