ホーム > サイト運営企業の取り組み
サイト運営企業の取り組み

 

このページではサイトを運営している小野薬品の認知症に対する取り組みを紹介しています。

認知症サポーター養成講座

小野薬品は、2011年7月にアルツハイマー型認知症に対して新薬を発売しました。 小野薬品にとっては初めての疾患領域であり、発売前から認知症を正しく理解したいという考えに基づいて、営業担当者は全国各地で認知症サポーター養成講座を自主的に受講し、発売前に全員が認知症サポーターになりました。
オレンジ色のブレスレットは『オレンジリング』と言い、受講者に渡される「認知症サポーターの証」です。これからもずっと、本業の医薬品を通じてのみならず、日常生活の中でも社員全員が認知症の人とそのご家族を支え、ともに生きる地域を築いていくことを目的として、活動していこうと強く決意しています。

認知症サポーターー養成講座

 

 

医療機関にて研修

医療・介護に従事されている皆様に医療情報を提供するだけでなく、認知症の人とそのご家族、あるいは介護される方の気持ち、悩みを少しでも理解し、適切な情報提供活動に役立てるべく、医療機関で認知症研修を受講させていただきました。認知症治療薬に携わる我々にとって非常に貴重な時間であるとともに、その経験を生かして今後の活動に邁進していく所存です。

 

 

疾患啓発活動

高齢社会が進展し、人々の健康への関心がますます高まっています。小野薬品は、医薬品を通じて人々の健康に貢献するだけでなく、疾患とその予防・治療についての正しい情報を伝えることも製薬企業の重要な使命と位置づけ、様々な疾患啓発活動を実施しています。

 

 

短編ドラマ「バアちゃんの世界」インターネット無料公開

短編ドラマ「バアちゃんの世界」(出演:裕木奈江さん、大鶴義丹さん、綾戸智恵さん 監修:監修:藤田保健衛生大学医学部 認知症・高齢診療科 教授 武地一先生/第1話:6分40秒、第2話:6分20秒)は、一般の方々にアルツハイマー型認知症について知っていただくことを目的とした短編ドラマです。認知症の「バアちゃん」とその家族を描いたヒューマンドラマで、病気の現実を伝えながらも心温まるストーリーとなっています。本ドラマを通じて、多くの方が感じている様々な悩み・困惑・辛さに対して少しでも寄り添うことが出来ましたら幸いです。

 

 

一般、家族向けの疾患啓発用資材の作成

疾患とその予防・治療法について分かりやすく解説したパンフレットを医療機関や調剤薬局の待合室などに設置しています。

認知症のお薬には貼り薬と飲み薬があります。 それって、単なる「もの忘れ」? 認知症の人と家族の生活を支えるために 

 

 

市民公開講座の開催

認知症の薬やケア、家族の接し方など、様々な側面から認知症という病気を一般の方々に学んでいただくために、市民公開講座を開催し、医師や特定非営利活動法人(NPO)などの専門家の先生に講演していただいています。

 

医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症医療・介護に関わる知識を掲載認知症情報誌
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ